« | »

2017.10.07

あると何かと便利なジオラマ用瓦礫の作り方

ジオラマで破壊された建物を作っていると、ガレキがたくさん必要になります。レンガ作りの建物であれば、崩れたレンガも必要になってきます。いろんな方法があるみたいですがす、ここでは石膏を使ったガレキを作り方をご紹介しましょう。

 

まず、レンガをつくります。とりあえず何でも良いんですが、凹状の細長~い型を作ります。私はプラモ棒をプラ板の上に2本並行に並べました。1/35スケールなので、厚さは2ミリに設定しています。コの字型のプラ棒を使ったり、粘土にプラ棒を押しつけて型を作ったりとか・・・やり方は他にもあると思います。
プラ板には石膏を突いて取り出すための穴を開けておきます。

 

型の中に石膏を水で溶いて流し込んでいきます。穴はマスキングテープなりで塞いでおいて下さい。
なお流し込む前に、シリコンバリアを凹状部分に塗布しておくと、石膏が非常に剥がれやすくなります。

 

固まったら、開けておいた穴から千枚通し等で突っついて、石膏を剥がします。綺麗に剥がれなくても全然構いません。角が欠けた物や、大小いろんなサイズのレンガが混じっていた方がリアルです。

 

長い物はナイフでカットして形を整えれば、崩れたレンガの完成です。大量に作り置きしておけば何かと便利ですね^^

 

余った石膏はそのまま硬化させておき、こんな風にハンマーで粉々に砕けばそのまま瓦礫として使えます。

 

実際にばらまく時は、単調にならないようレンガと一緒に大小の破片や木材などを混ぜながら積んでいくと見栄えが良くなると思います。

石膏以外にもスチレンボードとかコルク板を切ってレンガを作る方法もあるようですね。石膏を使う理由は、やはり着色のしやすさにあります。塗料の吸着性が良いので、薄めた塗料で色を染めて行くように着色する事ができます。
最終的には皆さんの好みの方法でやってみてください。


広告

Trackback URL

Comment & Trackback

瓦礫を作るのに参考させていただきました。
とても良い瓦礫感がでました!
素晴らしい記事ありがとうございます!

矢吹さん、
コメントありがとうございます。
他にもいろんなやり方はあるかと思いますが、石膏は適度な「崩れ感」が出るのが良いですね。
参考になって幸いです。

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>