1/16 ミハエル・ヴィットマン 完成編

1/16 ミハエル・ヴィットマン
1/16 ミハエル・ヴィットマン
1/16 ミハエル・ヴィットマン
1/16 ミハエル・ヴィットマン
1/16 ミハエル・ヴィットマン
1/16 ミハエル・ヴィットマン1/16フィギュア2体目はおなじみ、戦車エースミハエル・ヴィットマンです。

今回も飾り台を作ってみました。全体的に古さを感じさせる製品で、突っ込み出すとキリがなさそうです。袖口の開口、ヘッドホンコードの追加など出来る所は修正ました。頭は耳から上のほとんどの部分を削り取ってしまい、帽子を深く被らせるように修正。フィギュアは細かい部分が見栄えに意外と影響してきます。
塗装はいつもの通り全てをエナメル塗料で明暗を塗り分けています。これだけ面積があると筆でむらなく塗るのは大変です。服の部分はまずベースとなるエナメル塗料をエアブラシで全体に吹き、その後面相筆で明暗を書きこんでいきました。

 

1/16 ミハエル・ヴィットマン上着はUボート乗員用の革製コートを着ています。このUボートコートは海軍用の物でしたが、デザインを好んで戦車兵も着ていたようで、ヴィットマンもUボートコートを着用している姿が写真に残っています。つや消しを吹いたらガサガサになってしまったので、タミヤのモデリングワックスをかけて少し艶を復活させました。

革の表現は難しいですね。エナメルを塗ると良い感じでテカリますが、指で触るとはげてしまうという大きな弱点がありクリアーコーティングが必要となるのですが、半ツヤクリアーだとツヤが出過ぎてしまいます。何かいい方法はないでしょうか。

 

1/16 ミハエル・ヴィットマンズボンは青で塗りました。デニム生地のようです。これも塗料での質感再現は困難で、おもちゃっぽさが倍増されてしまいました。

 

1/16 ミハエル・ヴィットマン階級章などは面相筆で塗り分けています。1/16なのに彫刻が甘く、それっぽく塗り分けるしかありませんでした。
1/16 ミハエル・ヴィットマン肩章です。キットは44年の死の直前の姿を描いているようです。最終階級はSS大尉ですね。中央に見えている模様はLAHのモノグラムです。

 

1/16 ミハエル・ヴィットマン目が細くおじいさん顔になってしまいました(´ ▽`)
陰影はくっきり塗り分けたつもりなんですが、カメラで見ると少し薄く見えます。もうすこし強調しても良かったかもしれません。

こんな感じで1/16 ミハエル・ヴィットマンの製作は終了です。 価格の割には少し残念なキットでしたかね。これならタミヤの1/16の方が価格も良心的で商品のラインナップも豊富だし、買うならタミヤでしょうね。財布が許せば、アルパインなどの高価なフィギュアも作ってみたいものです。


広告


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

( 任意 )