« | »

2016.06.30

ドラゴン 1/35 IV号戦車H型 後期生産型 シリコーンバリアーを使ってみる

今回新しい試みとして、シリコーンバリアーを使ったちょろはげ(チッピング)表現をやってみたくなりました。

4号Hはシュルツェンや細いステーもあるし塗装の剥がれ表現が似合うのではと思います。

s_RIMG0770こちらがGSIクレオスのシリコーンバリアーです。
薬剤なので茶色いビンに入っています。なんだか小学校の理科の実験を思いだしますね。

本来はレジンキャストなどの離型剤に使用するものですが、塗装の上からも効くという事でプラモデルのチッピング表現に使われ始めましたね。

 

s_RIMG0773ぶっつけ本番は怖いのでプラ板で感覚をつかんでみる。
下地はガイアのオキサイドレッドにしました。

エアブラシでも塗装可能なようですが、大変伸びが良いので筆でも簡単に塗れました。
乾くとつや消しになるので分かりやすいです。

いくら塗っても下のラッカー塗料は全然侵さないので心置きなく塗れますね。
有機溶剤で匂いが結きついので使用中はマスクをした方が良いと思います。

量もたっぷり入っていて、お得感があります。チッピングにしか使わないのであれば一生分あると思いますよ。

 

s_RIMG0778

上からダークイエローを塗装しました。

爪楊枝などでカリカリ擦れば簡単に剥がれてきます。ヘアスプレーと違って一辺にゴソッと剥がれないので細い傷も楽に描けます。
どんどん楽しくなってくるのでやりすぎ厳禁ですねー。

面相筆でチマチマ傷を入れてくと大変ですが、シリコーンバリアーならその100分の1の労力で済みます。
これは便利なアイテムだな。

本物と同じ順番で剥がれるわけですからリアリティでも断然上でしょう。

 


 

s_RIMG0768シュルツェンにはマルチプライマー(ガイア)を吹いておきます。
マルチプライマーはとても強力ですが、価格が割高なのでここぞという場面でしか使いません。サフもがっつり目に吹いておきます。

 

s_RIMG0781シリコーンバリアーはステーやハッチなど塗装がはがれそうな所に重点的に塗っていきます。
筆の方が狙った場所がわかりやすく使いやすいですね。
 

s_RIMG0784シュルツェンにも塗布しました。走行中に小石が当たるなどして塗装が剥がれた感じを表現したいと思っています。

 


 

s_RIMG0786ダークイエローを塗装しました。
下地に影の色を塗ってから車体色を塗装していく方法(黒立ち上げ)は今回はやりませんでした。迷彩が入りますのでやってもあまり意味がありません。

今日は迷彩まで行きたかったですが湿度がやたらと高く、コンプレッサーのホースに水が常時結露する状態でしてとても塗装なんてできませんでした。

では今回の作業はここまでです。


広告

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>