合いの悪いキットです・・・。 Dragon Dicker Max (5)

漸く内部の塗装に着手。
本車はかなり明るいグレーが似合うのでは?と感じ、クレオス513番にホワイトを相当量(40%程度)混ぜて目一杯明るくしました。

が、これでもウェザリングしてみると暗いwww
ウェザリングって恐ろしいですわぁ。

墨入れ、面倒なのでウォッシングで済ませました。


墨入れも兼ねたウォッシングなのでかなり濃いめで塗っています。

続いてチッピング。
茶色でやっても目立たないので、ハルレッドでやりました。

日常的に良く使う部分に施しています。


砲尾の擦れる所は、メタルカラーのステンレスを塗布。


乗員が踏み荒らす所は、粉末状のパステルを擦り付け埃っぽくしてあります。

それにしてもドラゴンは、現存車輌も無く、写真もろくに残って無い中で、どうやって考証したんでしょうね?

前の方には得体のしれない機器がゴロゴロ付いているのですが、本当にこれで合ってるの?って感じですw


一応水筒とかガスマスクケースはエッチングのバックル付きなのですが、GEN2の使い回し・・・
写真と比べると、形状が違うように思います。


ほとんど見えなくなる無線機も、ちゃんと塗り分けてますっ。

で、組んでみたのですがね・・・。


私の組み方が悪かった?のかもしれませんが、あっちこっち隙間だらけ!
でも仮組の時点で怪しかったから、やっぱ精度が出てないのかなと。

ホンマ、こんな組みづらいキットだと思いませんでしたわぁ。


広告


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

( 任意 )