ドイツ軍迷彩アノラック スプリンターパターン

ドイツ軍迷彩アノラックの一つであるスプリンターパターンを塗ってみました。

国防軍で採用されたものでリバーシブルになっており裏側は冬季用の白となっています。
こちらはタミヤのパッケージイラストです。
厳密には2種類あってベース色がグレーの強い物をスプリンターパターン、イエローが強い物をウォーターパターンと言うようです。
上のイラストはスプリンターパターンです。スプリンターとは「破片」の事です。鶯色っぽいベース色の上に、茶色の破片のようなパターンが入り、その中に緑が包括されるように点在しています。
そして雨の様に細い線が縦に描かれています。この線が塗装でやる際には鬼門となるんですな~

まぁやってみましょう。

パターンはエナメルで塗ります。デッキタンとRLMグレイを5対1位で混ぜて鶯色を作り全体に塗装。

ブラウンはRLMグレイ+レッドブラウンです。
破片みたいなパターンを書いてゆきます。時々枝分かれさせたり、変化を付けると良いです。グリーンを包括する部分も作っておきます。
実際はもっととんがっていますが筆でやるとどうしてもエッジが丸まってしまいますね。

もう少し太らせた方が良いかもしれませんね。

続いてグリーンです。フラットグリーン+RLMグレイを使用。
ブランの中に入れたり添わせるような形で入れて行きます。
ついたくさん打ちたくなりますが少なめにしましょう。本物もグリーンの分量はかなり少ないです。

これでパターンの塗装は終了。
さあ難関の雨模様の書き込みっ。。

エナメルでも出来ますがここは油絵を使ってみましょう。ダークグリーンっぽい色です。
油絵のメリットは何と言っても伸びが良いうと言うこと。バターのように塗り広げて行けるので連続して細い線を描くのには最適です。


細い線を描くには塗料は若干薄めにし筆への含有量を少なくして、筆圧を弱くし筆先だけでなぞるように書いて行くことです。

安定して細い線を描いて行くのはゲキムズです~
W&NのNo.000を使って頑張りましょう。
しかしドアップで見ると線が太い・・・

ちなみに塗る時はこんな風に木片で持ち手を作っておくととても塗りやすくなりますよ。油絵は触れませんからね。
1ミリの真鍮線を足裏に刺し固定しています。

1週間ほど待って油絵を乾燥させ、つや消し処理をして完成です(長っ!)


広告


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

( 任意 )