まずはフィギュアから

タミヤのII号戦車C型を始めました。
いつになく気が乗らないのでフィギュアから始めましたw
もしかしたら塗装より面倒かもしれないフィギュアの整形・・・
僕はこれが大嫌いなんです。
時間はかかるし、手はつりそうになるし
これだけで土日が終わってしまいます。

パーティングラインの処理はデザインナイフのカンナがけ後サンドペーパー400番→800番の順で仕上げています。400で仕上げだと塗装後も傷が残る可能性がありますからね。

こんな物も使っています。歯科技師が歯型の製作に使う物らしいですw
シワのモールドが甘い時に削り込みに使っています。
シワの谷部にあるパーティングラインもこれで消せます。

突然ですがKar98kの塗装w
木目表現には油絵を使っているので乾燥時間のため早い段階で塗っておかないといけません。
いつも箱から出したらすぐに塗装しています。
全部終わる頃には良い具合に乾いています(笑)

袖口はナイフで開口し、ヘルメットのスリングはマスキングテープ2枚貼りで追加。
定番ディテールアップですね~。

タミヤのエラ張り顔、何とかならないのか・・・
付いてくるフィギュアが皆こうなんだよな。
服のモールドも抜きテーパーで甘い。パーツの合いもなんか今一つだし。これでも10年前の製品なんですけどね。
最新の3Dフィギュアに比べるとずいぶん見劣りしてしまいます。

 

そういやタミヤの新製品を全然作れてないなぁ。
作ったのはラングとパンサーD型だけか。
だって時間が・・・

今年のホビーショーは何が出るのか分かりませんけど、ドイツ物なら絶対買おうと思います。


広告


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

( 任意 )