冬季迷彩 リトライ編

冬季迷彩のリベンジ編。

 

ヘアスプレー塗ってからフラットホワイトの塗装。
前回の教訓から薄く慎重に吹きつけますw

 

こんな感じです。下地が透けているくらいの薄さがちょうど良いかな。

 

水を付けて剥がし。よーし今度は大丈夫そうだぁ~。

ヘアスプレーは豪快に剥がれて楽しいんですけど、剥がしのコントロールが難しい。ちょっとだけ剥がすつもりがゴリっといくんだよね。
上から入れるチッピングと違って一発勝負な所がありますし。

 

ちなみに剥がし作業には油絵用のめちゃ硬い豚毛の筆を使ってます。やわらかい筆だと全然剥がれません。

チッピングはとにかく忍耐との勝負。早くやりたいからって雑に作業すると前回のような悲惨な事になりますぅw

 

小さい傷や剥がれは爪楊枝やナイフの刃先を使って書いて行きます。

 

後ろはちょっとやり過ぎました。しかし剥がしセンスがねぇよなと自分でも思う。

剥がれた部分とのコントラストが出るのは良いですね~。

 

剥がし過ぎた部分は上からホワイトを塗り重ねてリタッチします。

 

最終的にこんな感じになりました。遠目で見たらまあまあイケてるじゃんと自己満足。

ダークイエロー下地の冬季迷彩は難しいですね。
ジャーマングレーだと白とのコントラストが映えるんだけどな。

ややホワイトがきつく見えていますがこれからウェザリング作業で調整して行けばいいでしょう。


広告


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

( 任意 )