Home > 9月 21st, 2020

2020.09.21

模型撮影用の台座を作ろう(やや失敗気味・・・)

やはりPCのほうは不調で…グラボを抜き差しすると時々なおったりするのですが、暫くするとまた暗転…付いているうちにデータは古いPCにバックアップしておきました。

さて、今回は模型撮影用台座作りの記事になります(作業は先月に終わっています)。
背景紙の上に直接ブツをのせて撮るのはもの足りないなとずっと思ってたので今回撮影用の台座を作ることにしたのですが…結果から言うとあまり上手くできませんでした。。。


別に台になる物ならなんでも良かったのですが、どうせ作るならちゃんとした物をって事で木材屋さんから2千円もする飾り台を購入。木材はシナです。
サイズは汎用性があった方がいいと思って300×180mmの割と大きな台座を選んでみたのですが、これも失敗の一因でした。


そして最大の失敗がこれなのですが…木材の場合着色とニス塗りは分けてやった方が綺麗に仕上がるのですが、今回時間節約と言う慢心から油性ニスでやってしまいました。まあやすり掛けして下地処理をしっかりしておけば色ムラは出ないだろうと高をくくっていたのですが、甘かったですわ。。。


画像はニスを1回塗ったところ。もうこの時点でムラが出まくっており大幅テンションダウン。外周部分は念入りにやすり掛けしておいたつもりだったのですが…所々シミになってますね。

普通の塗料と違って、ニスは木材にしみ込んで着色しますから一度ムラになった部分の修正は難しいです。この後何度も塗り重ねていくのですが…結局ムラは消えてくれませんでした。


ニス塗り→乾燥→やすり掛けを5回ほど繰り返したのが上の画像。
写真だとなかなか綺麗に塗れているように見えるのですが…


塗料が薄い部分は研ぎだし中に下地を豪快に出してしまいました汗)


さらに、塗り重ねる工程で塗装の垂れが出来てしまった部分もあります(画像の中央あたり)。
どんなに丁寧に塗ってもこの垂れが必ず出て来ていたちごっこに…埒が明かないので最後はやすりで全体を平らにして田宮のコンパウンドでフィニッシュする事にしました(笑)


そのコンパウンドをかけ終わったのが上の画像。ニス塗りっぱなしに比べると艶は落ちますが、これで良しとしましょう。


それでもモデルを乗せてみると・・・お、結構良い感じ♪
ムラになった所もさほど気になりませんね~。


この写り込みが良いんですわ~。
ただミリタリーモデルの場合台座も艶消しの方がバランスは良いのかなとも思ったりします。

なんとか使える物にはなりましたが、ニスがこんなにムラになりやすい物だとは思いませんでした。
今思えばもう少し小さいサイズで練習を積んだ方が良かったかなと。
ともかく、これから使い回すであろう撮影用台座として活躍してもらえそうです。