Home > 9月, 2020

2020.09.30

模型撮影用の照明を考える


今日はカインズに寄って帰りました。向かったのは照明装置のコーナー・・・。
模型撮影用の照明に使えそうな物はないかなと覗いてみたのですが、このようなクリップタイプが多いようですね。


現在は画像のような方法で撮影しています。
照明はフレキシブルアームクリップにLED電球を挟んだものを左右から2個照らしています。


照明装置はこんな。LED電球(確か60W位だったか)に光を柔らかくする為トレーシングペーパーをぐるぐる巻きにしています。

ですが、このような照明の当て方はあまり良くありません。
模型を撮る時はいかに光を柔らかくして拡散させるか(面光源にする)が重要なのですが、上のように電球を直接当てる方法では光が点光源になってしまい拡散してくれずまた光も強くなりすぎてしまいます。

ほんとは撮影ボックスを作った方が良いのですが常設するスペースがないので現在は机の上に直接背景紙などを置いて撮影しています。
ガンプラとか縦に長い物であれば小さいボックスでも収まるのですが、戦車とか車は横に長いので撮影ボックスで撮ろうとするとかなり大きなサイズが必要になります。
それに伴い照明装置も大きなものが必要になるという事です。


こんなプロが使うようなアンブレラ型の装置も売っているのですが値段は高いしなにより置いておく場所がありません。

私が照明装置に求める要件は、

・取り外しが可能なこと
・出来れば机の上に設置できるものであること
・安上がりで済むこと

うーん、なんかえらく厳しい要件ですが・・・、繰り返しますが常設しておくスペースがないのであまり大がかりな物は使いたくありません。

また自分の場合撮影紙も一定ではなくその時々で違うものを使っているので、その点でも撮影ボックスの常設は難しいです。

上のアンブレラ型のなら自作も出来なくはないのですが、問題はそれをどこに置いておくか・・・ですね。

ホームセンターにあるクリップ式のを買っても結局今の装置と大して変わらないよな・・・という感じがしてきました。
そうなるとやっぱり自作かな・・・。
また考えましょう。

2020.09.29

彼岸花と秋探し


日中はまだまだ汗ばみますがすっかり秋ですね。
この時期と言えば彼岸花なのですが・・・私の住んでる地域は開発された土地ですのであまり見かける事がありません。
と言っても少し歩けば田園地帯なのでいくらでも見れるのですが^^;
もう彼岸を過ぎたので見れないと思っていたのですがまだ咲いていました。


田んぼの中にも生えているのですが動物避けのため人為的に植えられたものなのでしょうか。


秋と言えば赤トンボですが撮影に成功したのはシオカラトンボのみ。
雄雌で体色が大きく異なるのですがこの日は雄ばかり見かけました。

ストゥーバーKfz.2はグラデーションを付ける作業をしました。


基本色が暗く感じるのでにホワイトを20%位足した色で明るくしていきます。この段階ではグラデではなく面部分全体を明るくする感じで塗ります。

ここからさらにホワイトを足した色でグラデーションを付けて行く。
いつもこの作業で明るくしすぎてしまう傾向があるのですが今回も想定より明るくなりすぎてしまいました。



垂直面はグラデになるよう意識的に塗っています。

最後、最初に使った瓶生のRAL8000でパネルライン等にシェード吹き。


最終的にこんな具合になりました。RALもへったくれもない色になってますがこれで良しとします。

・・・前回書き忘れたのですが、このキット至る所ヒケだらけでボコボコ凹んでます。もちろんスルーしてますが(-∀-)
次回は細かい部分の塗り分けとなります。

2020.09.27

やや苦戦中~ストゥーバーKfz.2

ICMのストゥーバーを再開していますが、修正箇所が多くてなかなか塗装に入れません。

サイドドアはなぜかドアのノブが逆向きになっており元のダボを埋めて正しい位置に直す必要があります(画像は修正済み)。
さらに上の部品は下辺部分に湯回り不良なのかプラスチックの欠けがあって、プラ板を貼りつけて修正・・・という非常に面倒なことをやらされました。

後で調べてわかったのですが、私が買ったこのキットは古いバージョンで新しく再販されたキットでは間違いも修正されてるみたいですね。わかってたら買わなかったと思います笑)

他にも本来あるはずのダボがなかったりとおかしな箇所が多くて・・・ちっこい車両なのにえらく世話が焼けるなぁ。

でやっと塗装。今回はジャーマグレーではなく北アフリカ戦仕様にすることに。
カラーは何年も前に買ってあったガイアの「ドイツ戦車アフリカ軍団セット」からイエローブラウン(RAL8000)選びました。


初めて使う色なのでとりあえず瓶生のまま塗ってみましたがかなり暗い・・・と言うか赤茶が強い色であることが判明。
奥の箱絵のようなもっと黄色強い色を期待したのですが・・。
このガイアの塗料は本物のカラーチップから忠実に再現した色とあるのですが、小さい模型に塗るとやはり暗くなってしまうようで・・・結局この色は暗色として白なりを混ぜて明度を上げていくことにしました。


組みあがると2度と拝めないであろうエンジンの写真です。
車体下部はジャーマングレーのままなのかもしれませんが、全部イエローで塗ってしまいました


色のイメージを掴むため借組をしてみたところです。
次回はグラデーションを付けていこうと思います。

Next »