Home > 8月 6th, 2020

2020.08.06

作り貯め作戦

今までの長雨が嘘の様な暑さ・・・体にこたえますね。8月は塗装は諦める事にして、作り貯め作戦を実行します。
と言ってもソフトスキンはインテリア先に塗らなあかんやん・・・ですね。
ともかく組める所までは組みましょう。

そんなわけで、恐る恐る手を付けてみた、ICMの『ストゥーバーKfz.2 軽四輪駆動無線車』。

ネットのレビューを見てると、このICMと言う会社、かなり凝った作りをする会社のようですね。
このキットも床下のフレーム部分が凄く細かくて、サスペンション、駆動装置、エンジンに至るまで非常に詳細な再現があります。
とくにエンジンの再現度は特筆すべきものがあります。


箱を開けるとB5サイズのランナーが5枚、エッチングは無し、と部品点数はそこそこなんですが、足回りのパーツがとにかく細かくて…
折れそうな部品も沢山あって整形には気を使います。
そして案の定説明書がわかり辛い…


ひとつ、どうしても解らなかったのが、四角で囲ってあるC10~C15のパーツ。ダンパーか何かのパーツだと思いますが、どう付くのか全くわからない。イラストを見てもちらっと書かれているだけ。
困った時はグーグル先生…と言う事で、ネットで組立済の写真を検索して解決できました。


こんな風に付くみたいですが絶対わかりませんね。他にも解り辛い部分が多数あってとにかく説明書とのにらめっこです。

とは言っても、比較的最新のキットなのでそれなりにパチパチと組んで行けます。

シャーシを組んだ状態。4輪駆動なのでデフが前後にあります。
ホイールの取付けが非常に華奢なのでしっかり水平を出しておく必要がありました。




エンジン、配管類ははまだ接着せず仮置きの状態ですが、中華キット並みの作り込みです。
ウクライナもやるなー!と思ってしまいました。


これだけ精密に再現された足回りですが、ハイ、床板を被せるとな~んにも見えなくなります。
1週間何をやってきたんだ・・・って感じですが。
見えない部分の再現は作り手の解釈次第なので、批判はしませんよ。
ただこれだけ精密にするなら説明書をもっとちゃんとしてよと…。


パーツの保管用に100均でタッパーを買ってきました。
作りかけのキットで既に満杯になってます。