Home > 7月, 2020

2020.07.30

ソフトスキンシリーズ第4弾

いよいよ夏らしい暑さになってきました。
街を歩いてると子連れの親子をたくさん見かけて「あれ学校は?」と思ったら、そうか、もう夏休みなんですね。
今年は本当に時間感覚が狂ってしまいそうで。

模型の方は、良い流れなので車輌シリーズをどんどん作ります。
今回手を付けたのは、「イタレリ メルセデスベンツ L3000」。

これもオペルブリッツと並ぶ3トンクラスのトラック。
今となってはかなり貴重な?キット。昔田宮ブランドで出ていたと思うのですが、今は絶版になってしまっています。


ランナーを見たところ、フロントが違うだけで他はオペルブリッツとほぼ共通パーツ。荷台用に幌パーツが付いています。


ちょっとがっかりしたのは、シャーシはオペルブリッツの物をそのまま流用してしまっており、実物とは全く異なるようです。
言っても荷台載せちゃえば全然わかんないんだけどねぇ~。

で、タイヤはまたしても『とろけるタイヤ』…なのですが、

今回はパンツァーアートのレジン製パーツをおごってみることにしました。
一応これはメルセデスLG3000用らしいのですが、ホイールとかタイヤは色々パターンがあったらしいので、どれを履かせても正解だと思います。

さすがにレジンだけあって、トレッドパターンのモールドは非常に良い出来。
もちろん多少のバリとかありますが。

こちら「民生用」となっており、不整地用とはトレッドパターンが異なります。


大きさもほとんど同じ!(当たり前か)


ロゴはコンチネンタルですね。


ただ、裏側の差し込む部分の形状が元の部品とはまるで違うので、ちょっと困ってしまいました。
計測してみたら、キットの差し込む部分がジャスト2ミリ径なので何とかこれを活かしたいところ。


使えそうな物を押入れから探したところ、ウン十年前に買ったプラ棒が出てきました。
3ミリのプラ棒に2ミリのドリルで穴をあけて中空状にした物を、ソケット代わりにすることにしました。


こんな感じです。フロントは直接穴をあけて差し込みます。


取り付け位置の調整に結構苦労しました。
ノギスを使って元のパーツと同じ位置になるように…こんな作業で3日もかかってしまいました。


接地、OKです。

2020.07.23

年甲斐もなく3DSを買いましたw

オリンピックのために作られたはずの4連休…本来ならビールでも片手に観戦って人も多かったと思いますが、

絶望的にやる事が無い

天候もよろしくなく、西からヤバそうな低気圧が近づいてるし。

そんなわけで暇つぶしにでもと3DS(中古)を買ってしまいました。初代3DSですよw
ネットのリサイクルショップから安価で入手しましたが、目立った傷も無く状態は良好。
ソフトは今まで未プレイだったドラクエ11をば。もう3年前なんですね。

TVゲームはすっかり熱が冷めてしまって、この10年くらい殆どやっていません。
最新のゲーム事情も全く解りません。
プレステも持ってたの3までだったし。
RPGはかなり好きで結構な数をクリアしてきました。ドラクエもオンラインである10を除いて過去作は全てクリア済み。
と言うくらいゲーム好きだった自分も今や信じられないくらい冷めちゃってます。

昔ほど時間が無いとか模型と言うあたらしい趣味を見つけたとか、理由はあるんだろうが、
ゲームを楽しめない体になってしまったと実感しています。

最も、これは良い事なのかもしれませんが。

で、模型の方も新たな戦利品があります。

中古プラモ入手経路としてすっかりお馴染みになった駿河屋にまたお邪魔しまして、

なんかレア物でもないかなーと物色しましたらですね、

ありました!


オペルブリッツの燃料補給車バージョン!
ミニスケールではいくつか出ているようですが、35ではかなり珍しいんじゃないでしょうか。


オペルブリッツ後期型に新規ランナーが追加されているのですが、面白いのはほとんどが不要部品のBランナーは、統制型ボックスバンの部品が丸ごと入ってるんですね。
もしかしてこれを使えばタミヤとニコイチで作れる!?とか期待したんですが、残念ながら部品が足りないようです。

で、タイヤはまたしてもゴムタイヤなのですが…、

新撰組のレジンタイヤ、もう無いだろうなと思ってたらネットで奇跡的に見つかったので追加注文しておきました。
たぶんこれが最後だと思います。

2個買うと10%OFFになるよと言うのでこんなのも買ってしまいました。

箱を見て何これ?とわからず買ってしまったのですが、帰って来て調べたらストゥーヴァーという会社が作った「統制型車両」の一つだそうですね。
これもかなり珍しい車輌だと思います。

この駿河屋って所、自分と同じくレア物目当てにくる人が沢山おられるようで、
6月に行ったときには置いてあったイタレリのブリッツ木炭エンジン仕様とか、対空車輌とか先週行ってみたらごっそり無くなってて皆考えることは一緒なんだなとw

2020.07.22

ビートル…じゃない ライフィールドモデル ドイツ軍スタッフカー TYPE 82E

ビートルってまだこの時代は呼ばれてませんね、ドイツ軍スタッフカー TYPE 82Eです。
世界で最も多く生産された伝説的大衆車の軍用車バージョン。
ナチス・ヒトラーの国民車(ドイツ語でフォルクスワーゲン)計画のもと、フェルディナント・ポルシェによって開発された。せっかくクーポンまで配ったのに製造中に大戦が始まってしまい、国民に行き渡ったのは戦後になってからというエピソードを持つ車。

いままで古い輸入キットしかなかったので今回決定版を出してくれた…と言いたいのですが、このメーカーは相変わらず致命的な欠陥を抱えています。
使えないデカールは他社製から流用。
ドアが合わないのは計算ミスなんじゃと疑いたくなるほど。
足回りの取り付けもいい加減な部分が多くしっかり組まないとタイヤが浮いてしまいます。
バリが多いのも大きなマイナスポイント。
精密度自体は高いのでちょっと残念です。

おまけとして、この車を開発したポルシェ博士のフィギュアを添えました。
これはAmusing HobbyのTiger(P)に付いてきたレジンフィギュアです。











Next »