Home > 4月 17th, 2020

2020.04.17

ウォッシング&墨入れ Dragon King Tiger Battle of the Bulge (12)

半光沢クリアーを吹っかけたら、ウォッシング開始です。
いつも油彩でやりますが、今回は乾燥時間をケチってmrウェザリングカラーを使います。
このウェザリングカラーの素晴らしい所は、完全乾燥すると溶剤に耐性が出来る事なんですね。
一旦乾燥すれば、上からエナメル塗料を塗り重ねても大丈夫なのです。


筆でしみ込ませるように塗って行きます。
私のウォッシングは極力ふき取らないようにしていますま。
ふき取ってしまうとムラが出る面白さが無くなってしまうのでね。


余計な所に溜まったものはウエスでふき取ります。


傾斜面は溶剤を付けた筆で崩し、雨だれを表現しました。


下部に残った塗料はそのままにしておくとシェード表現にもなります。


転輪は墨入れも兼ねて行います。
おっと!、転輪の裏側を塗っていませんでしたっw


24時間乾燥後、タミヤエナメルのフラットブラック+レッドブラウンで墨入れを行いました。


ウォッシングですでに表情は付いているので、崩しはあまり行わず綺麗にふき取りました。
下地のウェザリングカラーは乾いているので溶ける事はありません。ホント素晴らしい塗料ですよね。


最後はドライブラシです。
今回は各色の明るい色を作ってみました。
ダークイエロー以外はあまりやっても意味が無いのですが・・・一応やっておきました。


これをやると沈んだエッジが蘇って来て面白いのです。


現状、ここまで終わりました。
あとはチッピング、泥汚れ等を追加して完成に持って行きたいと思います。