Home > 8月, 2019

2019.08.27

TAMIYA Sd.Kfz.232(8-Rad) その3

Sd.Kfz.232、約1カ月ぶりの再開。
梅雨に逆戻りしたような天気が続いています。
天気の合間を縫って何とか塗装しました。

ヨーロッパ向けのジャーマングレーグレーの上にサンドイエローを塗り重ねた設定で行きます。

まずはラッカーのGグレーで下地塗装。


なんとここでパーツ紛失を発見!
失くしたのは左ポールに付くミラーの部品(C39)。
ランナーから切り取った跡がありますがどこにもありません。。。


仕方が無いので適当な部品で代用します。
1ヶ月のブランクは怖いですねぇ。


マーキング部分は説明書の型紙を使ってマスキング。
指示はありませんが師団マークと鉄十字もマスキングしといた方が良いかもです。


サンドイエローはダークイエロー+フラットホワイト極少量(タミヤアクリル)。
パケ絵はもうちょっとブラウン色ですがサンド色を強めにしてみました。
タミヤの旧ダークイエロー、やっぱ変な色だw

ここから塗装はがし作業、
最初アクリル溶剤で剥がそうとしたんですが塗膜が厚いせいかうまく剥がれてくれません。

あと、タミヤアクリルは溶剤を付けるとシミになって色が変わるんですね。
これはちょっと盲点でした。


ちゅうわけで筆でグレーをドライブラシする方向に転換。


派手目に露出させたい時はかなりしつこめにブラッシングすると良い感じでグレーが乗ってくれます。



殆ど乾ききったカチカチの筆でゴシゴシ擦ると細かい傷の様なものも描けます。なかなか面白いです。
ちなみにグレーもアクリル使ってます。アクリルもチッピングに使えますね~。





チッピング入れたら良い感じじゃないと自画自賛ww

自分が思うに塗装剥がれは2種類あって、一つは完全に上地塗料が欠如して下の塗装や鉄鋼が露出した状態、いわゆるチッピング。
もう一つは上地塗料の劣化により塗装が溶けたり流れたりして下地塗料と混じり合ったビミョーな剥がれ。
上手く言えてませんが・・・今回は後者的なイメージで。


↑上記の失くしたパーツ、なんと見つかりましたwww
今日部屋を歩いてたらですね、こいつが足の裏にチクリッと。
なんで塗装してから見つかるんや・・・


セミグロスクリアーを吹いてウェザリング準備完了であります。

2019.08.25

タミヤからフェラーリ消える・・・

もう半年も前の話なんですが、タミヤのフェラーリ製品が販売中止になったそうですね。
HPに言ったらフェラーリ製品がカタログからごっそり消えてました。
最近は何があっても驚かないんですがこれにはさすがにびっくりですよ。

これはタミヤにとっても自動車モデルファンにとってもかなりの痛手では。
自動車モデルの魅力と言えばフェラーリの様なカッコイイ高級車を模型で作れる所にあります。
特にF1のフェラーリはタミヤが数多くキット化してきましたから。
僕も昔カーモデルをやってたのでタミヤフェラーリにはたくさんの思い出があります。
それも全部無くなるって・・・
今後プレミア価格になるのを見越して皆あわてて買いだめしたりするんでしょうか。

なんでもかんでも規制でがんじがらめの時代、
こんなんじゃますます模型離れが進行するだけじゃないかと思ってしまいます。
版権問題とのことですが今後解決すればまた再版されるんでしょうか。そう願いたいです。

2019.08.23

猛暑からの解放

今日は久々の非真夏日となりました。
来週までは過ごしやすい日々が続きそうです。
暑さのピークは8月上旬と8月末の2回と言っていた気象庁、これまた大外れでした。
外れるなら予報なんていらんわって感じです。

涼しのは良いんですが、天気は不安定、夕方頃には滝のような雨が降ってきてビビりました。
また塗装できんのかい!


今夏の所感。

7月までの冷夏が嘘のような梅雨明け後の猛暑。
8月上旬の暑さはこの数年で一番だったかもしれません。

8月中旬には台風のせいでさらに猛暑。
台風の方は大したことは無かったんですが、夜が非常に寝苦しく、おかげで体調を崩してしまいました。

そんなわけで、模型作りは全く進んでません・・・

最近の暑さはうんざりと言うより怒りすら感じるようになってきました。
誰にぶつけていいのかわからない怒り・・・
今年は欧州などで熱波が記録されました。
これだけ異常気象が出てるのに人間の足並みが揃わないのはなんででしょうねぇ・・・

だから温暖化を何とかしないとガチでヤバいんですが。。。
夏が来るたびになぜ僕は日本人なんだろうと思う。
日本てこれから暑い地域は人が居なくなるんじゃなかろうか。
しかしホントなんにも進まなかったな模型作りw

Next »