Home > 11月, 2018

2018.11.15

4号G型迷彩まで

ドラゴンの4号シリーズはまさにスマートキットの真価と言う感じ。
タミヤ程ではないがドラの中ではまあまあ作りやすい方だとは思う。
なによりも考証がすさまじい。すごすぎて他メーカーに人権が無いと言う感じ。
シュルツェン架がエッチング並みの薄さで成形されているのはガチでビビった。

車体シュルツェンはお得意のアルミ板。
これいつも思うがプラスチックでも十分な気がするんだよな。
整形はやりづらいだし、塗装はプライマーが必要だし。

切れ目はあるが2箇所かゲートがあるため結局整形作業が必要。
切り出しは左に移っているでっかいはさみで行った。

砲塔シュルツェンは塗装がやりづらいので、塗装後接着。
大戦初期の黄色の強いダークイエローのイメージで、クレオスのダークイエローを瓶生で塗装。

そして迷彩を塗り始めて気付く。

あれ、なんか暗くね?

だから模型に瓶生は使うなとあれだけ(ry

白を混ぜたもので塗り重ねて修正。
迷彩はクルスク車両と言えばこの迷彩、通称「グリーンピース迷彩」。
簡単なようで意外と難しくて、近い部分が似たようなパターンにならないよう気を使って塗らないと単調になりがち。

シュルツェンは微妙に重なり合う部分があるためパターンのつながりを意識して塗る必要がある。

シュルツェン仮置き。
何とかイメージ通りになって一安心。

2018.11.10

モデルカステンの予備履帯お取り寄せっ

たった3枚の予備履帯のために、モデルカステンのセットを取り寄せた馬鹿が居ますよっと。。。


2378円(送料込)。
アホ過ぎワロタ。

無視したいけど出来ないマニアの悪癖ですが何かww

予備履帯省略するってks過ぎるな。
省略ってか説明書のチェックすらしてないんだろうなぁ。
これだったら古いオレンジボックス買った方がまだ出来が良いぞww
てっかそうすれば良かったんだよね。騙される方が悪いんですよね~

見てる人への警告も込めまして、

ドラゴンの新製品(再販版含む)は、今回のように何か信じられない改悪がなされている可能性が高いので買ってはいけません。
どうしても欲しい物があれば、オークションなりで旧版を探しましょうw

2018.11.05

予備履帯が無い!また騙されました・・・

次は4号戦車です。

この2点をジョーシンで注文。
もうドラゴンばっかりになって来たw
タイガーばっかり作ってると次は4号が気持ちが流れて行きますね~。
しかし2点で1万円は高いですなぁ。

今回作るのは4号戦車G型の方なんですが、
再販版って事で嫌な予感はしていまいたが、今回もまた騙されました・・・

ふとランナーを見ていて気が付いたんですが、
車体右フェンダーに付くはずの予備履帯のランナーがどこにも見当たりません。
「まさか」と思って説明書を見たら、そのまさかでした。

予備履帯があったはずのランナーが再販分でごっそり省略されているのです!
なんと言う事でしょう。
信じられません・・・・


インストではマジトラをそのまま接着せよ、となっていますがこれはあり得ません。
予備履帯にはホルダーが付くはずです・・・
イラストもそうなっています。

未装着にしようと思ましたが取り付け用のダボ穴が開いてしまってるので、出来ません。

高い金を払って買ったと言うのに非常に不愉快です。
こんな詐欺メーカーのキット、もう2度と買いません!
お願いだから誰かドラゴンを訴えてくれ!