Home > 10月 26th, 2018

2018.10.26

Tiger1 100号車 完

502重戦車大隊のタイガー。
ゲペックカステンが欲しくてわざわざこのキットを買った。
極初期型はすっきりしてて模型映えするから良い。
フロント左にある蹄型の物はお守りらしいですw



最近仕上げが雑になってるなぁと言う感じがするので、初心に帰って綺麗な汚しを心がけてみた。
下部はアース色を薄めて筆塗り、スミ入れとドライブラシと言う、古典的ながら安定した仕上げ法。

ウェザリングはいつも「あと少し」で止めてしまう事が多い。
昔はピグメントガツガツ塗ってた頃もあったんだけど、作品を重ねるごとに汚しをやらなくなっている気がする。
まあ勇気が無いだけとも・・・

「汚いウェザリングは誰でも出来る」と仲田師匠。
そうそう、ピグメントとか塗っとけば誰でもそれらしいものが出来るってのがなんか嫌なんだなぁ。

結局のところ、戦車模型をどう言う物と捉えるかでウェザリングも変わってくると思う。
僕はどっちかと言うと模型は「おもちゃ」として見ているので、写実的な仕上げはあまり好きではない。

排気管は長い延長パイプを装着。このパイプは冬季車両で装着しているのが確認出来る。
初期型は履帯銀ピカ出来るのが良いね。
ドラゴンのDS履帯、付けるたびに歪んでる気がする。
僕の付け方が悪いわけじゃ無いはずなんだけどなあ。

502重戦車大隊はオットー カリウスを輩出した部隊で、戦果も凄まじい。
ハッチとか可動にする予定だったのに可動工作に失敗してしまった。

タイガーは何両作っても飽きないなぁ~。
来月はアミュージングホビーからポルシェタイガーが販売されるようで、このアイテムはかなり欲しいですね。