Home > 8月, 2018

2018.08.27

「昔の夏はエアコンなしでも平気だった」を検証してみる

昔の夏はエアコンなしでも平気だったと聞きますが実際どうだったんでしょうね?
気になったので気象データで考証してみましょう。
気象庁のHPに行くと、過去の気象データが100年以上も前に遡って閲覧できます。

 
1945年8月の東京のデータです。
8月15日は終戦日です。
この日の最高気温は32.3℃。結構暑いですね。
終戦の日は暑かったと聞いた事があったなぁ。

他の日の気温を見てみると、さすがに今のような猛暑日の連続はありませんが、34℃になる日があったり、この時代の夏もかなり気温は高かったようです。

一方で最低気温を見てみると、ほぼ20℃台前半で推移しており、今よりも断然涼しいですね。
今は最低気温も27℃や28℃の日がほとんどですから、地球温暖化や都市部ではヒートアイランドによる影響が如実に表れています。

暑い暑いと騒がれていますが、実は日最高気温自体は昔とさほど変わっていません。
では何が変わったかと言えば、やはり「体感温度」の方でしょう。

昔も確かに気温は高いですが、暑いと言っても今のようにコンクリートの建物やアスファルトの道路のような熱を吸収する物がありませんから、風通しも良くて今よりずっと過ごしやすかったんでしょうね。

実際、昔は熱中症で人が倒れたともあまり聞きませんし、むしろエアコンのある今の方が問題になっているくらいです。

最後に、今年の異常な暑さが良く分かるデータです。
全国の歴代最高気温ランキングです。

19位の内、2018年の値が7つもあります。
他の値も、ほとんどが21世紀に記録された値です。
しかも全てが40℃超え・・・

このままだと日本は人が住めない国になってしまいそうです・・・

2018.08.19

お粗末・・・

なんてこった・・・
履帯交換ワイヤー(W2のパーツ)、なんとプラパーツが入ってません。
エッチングとメタルワイヤーで工作せよとありますが、このメタルワイヤーが太い・硬いで使えない。

仕方なく基部のみとしました。

このキット他にも、プラパーツがなくエッチングで強制工作な部分があります。
こことか、
こことか。
MAがエッチングです。
ペリスコープガードがエッチングなのはホントに意味がわかりません。

しょうがないので、ジャンクから流用してやりましたよ。

新キットなのに旧金型パーツを使うよう指示されていたり、もうメチャクチャです。
これが在庫管理を怠って来たメーカーの末路と言う事でしょう。

 

フェンダーはリュータで薄く削り、歪ませるお約束の工作。

ゲペックカステンと言うらしい工具箱です。ここもリュータで裏側から削ってボコボコにしてみました。
エッチングを使わなくてもいろんな事が出来るなぁと改めて実感。

砲塔、車体前は予備履帯を継ぎ足して増加装甲モリモリな感じに。

並んでのショット。
コーティングは一部はがしたり、被弾痕等も入れてみました。

涼しくなってきたので、そろそろ再開しないといけませんね。。。

2018.08.18

模型作りに疲れたら

1ヶ月くらいドンと休むっ。
もうこれが一番です(笑)

中途半端に触って牛の歩みになるよりは、ガツンと休んでしまって復帰する方が絶対に良いと経験上言えます。

僕も8月はちょっと休ませていただきました。
1か月でなくても、1週間でも3日でも良いんです。
さぼってるわけじゃありません。
充電してると思えば良いんですね。

模型製作のモチベーションはゲージになっていて製作と共に擦り減って行き、休まない限り回復しないと思った方が良いです。
変なとこにこだわってゲージすり減らないようにするのが大事。

何かみんなモチベーションを軽視しすぎじゃない?と思う事があります。

細部考証まで厳密にやって、変な所ディテールアップしてみたり、そういうの出来る自信があるならやれば良いんだけど、無駄な部分に無駄な労力を費やすとゲージが早くに無くなってしまうので、そこは考えながら作りましょうねと言う事。

こだわらない事は恥ずかしい事ではありません。
戦略的撤退と言うやつですw

ブログだってちょっと位更新できなくても皆気にしないから大丈夫です。

一番やってはいけないのは無期限で休んでしまう事。
こうなると惰性でそのまま永久に復帰出来なくなり、ブログの更新も途絶えてしまう事になりかねません。
そうやって続かなくなるブログを沢山見てきました。

だから、期限を決めて休むと良いです。
1か月なら1か月と決めて、その間は模型は一切触らない。
モチベーションが回復してきたら自分で分かりますから、その時に復帰すれば良いんです。