Home > 6月 20th, 2016

2016.06.20

ドラゴン 1/35 IV号戦車H型 後期生産型 組み立て開始

積みプラ消化企画、第2弾はドラゴンの4号戦車H型を作ることになりました。

s_RIMG0556

H型はD型と並んで4号戦車で一番好きなタイプです。砲塔と車体に張りだしたシュルツェンなどがカッコい良い。

箱絵はT-34の履帯を補助装甲として使っているなかなかユニークな車両です。(もちろん普通の4号戦車としても組み立てられますよ。)

細かい仕様変更が多い4号戦車ですが、このキットはH型の中でも後期型を再現しているようです。
私は細かい違いなんて全然わかりませんw・・・まあドラゴンさんだからその辺の考証はきっちりされていると思います。

 

s_RIMG0555最大の特徴である車体シュルツェンは薄いアルミ板で成形されています。
スマートキットなのでエッチングは最小限といった感じです。

補助装甲のT-34の履帯はマジックトラックで再現。

これはヤフオクで落とした旧版なので通常の履帯もマジトラが入っていました。
再販版は履帯がDSに変更され、価格は7000円位に跳ね上がっていました(´_`)

 

s_RIMG0559足回りの組み立てが終了しました。
4号は転輪が多くてパーティングライン消しで時間を食います。

足回りだけでパーツ数は軽く100を超えていました。
これでもスマートキットになってずいぶんすっきりした方でしょう。
旧D型の凶悪さはガルパンのおかげで一躍有名になりましたね。
 
s_RIMG0560細かい溶接跡もデフォルメで入っており、作り手は何もやる事がないって感じです。4号のスマートキットは特に出来が良いですね。

 
s_RIMG0571転輪の水平をしっかりチェックしておきます。

海外製品はこの辺が結構ガバガバだったりするのでチェックする癖をつけた方がいいです。
このキットも結構怪しかったですぞ。
 
s_RIMG0574後ろにあるフィンみたいなパーツですが、キットをそのまま組むとご覧のように大胆に隙間ができます。
重箱の隅をつつくようですが、ここの合わせ目はなくて実際は1枚の板でできています。

ま、履帯とフェンダーを付けると全く見えなくなるためスルーしますけどね^^

s_RIMG0573排気管にバトルダメージを入れました。
半丸やすりのR面で削り、さらに接着剤で溶かして表面をざらつかせています。

では今日はここまで、次回に続きます