Home > 6月 12th, 2016

2016.06.12

ドラゴン タイガー1 初期型 「ミハエル・ヴィットマン」 その9

タイガー1の塗装を始めました。

最近急に蒸し暑くなって、塗装に厳しい季節になりましたね。気付いたらホースから水がビシャッと・・・

クレオスのコンプレッサーは設計ミスでホースが黒いため、中が見えませんw

s_RIMG0425

冬季迷彩で仕上げるわけですが、冬季迷彩と言っても通常の迷彩塗装の上から白い塗料が塗られていたので、この状態からスタートします。

白を塗ると見えなくなるので、迷彩色パターンがかなりいい加減になってますw
デカールを貼って、装備品もあらかじめ塗り分けておきました。

実車の冬季迷彩がどんなふうに塗られてたのかは分かりませんが、本物は装備品が付いたまま冬季迷彩を入れられた車両もあったでしょう。

 

s_RIMG0479

アクリル塗料を使いますが、フラットホワイトはハイライトの色に取っておいて、基本塗装は白にデッキタンを混ぜて塗装します。
 
s_RIMG0482

白は隠ぺい力が悪く、エアブラシで吹くと結構厚塗りになってしまいました。
光のあたる上面はフラットホワイトでハイライトを入れました。

 
s_RIMG0487
模型誌などで紹介されている「アルコール落とし」が冬季迷彩のはがしにも使えるんじゃないかと思い、薬局で手に入らた燃料用アルコールを使ってみました。が、これが大誤算。

 
s_RIMG0489
マーキング部分は白を落としておきます。

綿棒で擦ると簡単にはがれますが、アルコールは下手すると下のラッカー塗料も溶かすので要注意です。

そういや冬季迷彩前にクリアーコートするのを忘れていました^^
デカールが若干溶けてしまいました、アホだ俺。。。
 
s_RIMG0491
調子に乗ったらほとんど白が剥がれてしまいました(´ ▽`)

 
s_RIMG0496

部分的に剥がし過ぎた所もあるので、エナメル塗料を使ってなじませます。

 

s_RIMG0497
溶剤で混ぜ合わせながら、納得いくまで修正。

 
s_RIMG0498なんか箱絵のタイガーと全然違いますね・・・アルコール作戦は完全に失敗しましたw

もっと剥がした所とのメリハリが付くようにしたかったのですが、アルコールだと白が下地色と混じり合ってしまい上手く剥がれてくれません。
素直にヘアスプレー技法でやっとけばよかったw

ということで本日はここまで。