2019.04.21

タミヤ ヴェスペ “イタリア戦線” 完

今日は暖かいですが若干風邪気味です・・・
タミヤ ヴェスペ “イタリア戦線” 完成しました。



自走砲は見た目が両極端なものが多い中こいつはかっこいいね。
初期独軍らしいカクカク感、短砲身、複雑な足回り・・・どれもが良い。


後ろの測距用ポール?は赤白で塗り分けてみました。


ヴェスペは榴弾砲なんですね。
最近は砲口の煤汚れはやらないのが主流みたいで。
2号戦車の面影があるのは足回りのみ、車体上部はフンメルによく似ています。
似ていますつーかこいつがベースになったわけですが。。。

↓インテリアなど。
自走砲なんでチッピングを多めに入れてみました



フィギュアを乗せて。


相変わらずピントが合わねえ・・・




ヘッドホンだけはエッチングに交換。



中は相当窮屈そうです。
これで5人乗りってマジですかw


おなじみ箱絵のアングルから。

イタリア戦線ってどんな土色かわからないのでとりあえずフラットアースを薄く吹いときましたw

そういや田宮から今度フンメルも出るみたいですね。
だから今さらすぎるだろってw
フィギュア付きの自走砲はちょっとおなかいっぱいです。

4号やタイガーのリニューアルはいつになったらやるんだタミヤ・・・

2019.04.15

戦車兵達出来ました。

戦車兵達出来ました。

3Dはリアルで良いんですが、凸モールドもスケール通り圧縮されてるせいか筆塗りしたら埋まる埋まるw
鷲章のモールドとか全部消えて無くなりました・・・

装填棒を持った装填手1。

砲手。

ちょっと小太りな装填手2。

戦車兵でも自走砲はメットかぶるんですね。。。

そしてコマンダー。
搭乗兵なので視線の向きを考えるのが大変でした。

いつも通りエナメルでの仕上げです。
瓶生じゃあんなに明るいRLMグレイも明暗付ければご覧の通り、すんなり馴染んで見えます。

次回、完成編になるかな。

2019.04.09

砲兵の兵科色は赤なんですね。。。。

フィギュアの仕上げも最終段階。
徽章類はいつもデカールを使うんですが、タミヤの階級章デカールには戦車兵と歩兵の分はあっても、砲兵用の物は入ってないんですね。

肩章にドッペルリッツェンという=みたいな縦線が2本入るんですが、こんなん小さすぎて書けねぇわw

さあどうするか。。。
省略するのもアレなんで一丁手書きで頑張ることにしましたw

ここは発色の良い油絵を使用。
まず縦線2本書きます。
本当は中にもう1本線があるんですが、これで勘弁して下さい。

最後に砲兵の兵科色である赤を縁取りに書いて終了。
この程度の精度ですが・・・無いよりマシかな。

肩章も赤で縁取り。

こちらの将校は、歩兵用のデカールを貼った後、縁取りの赤だけを絵具で引いてみました。
手書きとは雲泥の差ですねぇ

しかしなぜタミヤは砲兵用のデカールをセットしなかったのか。。。

長かった製作ももうすぐ終わりそうです。

Next »