2018.10.07

505と506重戦車大隊

ようやく完成した。
同時製作は金輪際やらない事にする。
モデラーの間で人気の第505重戦車大隊。
確かにこの部隊章はカッコいいよね。
多くの部隊章は動物が描かれた物が多いが、突撃する騎士というのがお洒落である。



相変わらずダメージ工作はセンスがない。
もう少し歴戦の勇者っぽくしてみたかったが、プラパーツだけじゃ厳しい。
あまり好きではないチッピングも入れている。
レッドブランの2色迷彩も国防軍ぽくて良い。

キットはドラゴンの新発売となった物だが、マーキング、金属パーツは激減、OVMのエッチングは正しい形状の物でないなど、信じられない出来だ。
このメーカーの新製品はもう買わない方が良いでしょう。

車両番号の配置がかなり独特。
タイガーおよびタイガー2は師団に配属されるのではなく、重戦車大隊と言う独立した部隊を編成していた。
本車は第505重戦車大隊第2中隊所属なので2の部分が大きくなっている。
なぜ独立した部隊した部隊を組んでいたか理由はいくつかあるらしいが、重くて進軍速度も遅いタイガーが他の戦車と足並そろうわけもなく、分けざるを得なかったのが一番の理由らしい。

 




こちらは506重戦車大隊所属。
履帯が歪んでしまったのが痛い。
塗装したらあんまり気にならないけど。
予備履帯の増加装甲を付けてみた。これはホントは507重戦車大隊の特徴らしいんだけど、細かい事は気にしない。

これだけタイガーを作っておきながら、中期型はなんと初製作。
中期型の特徴であるトラベルロック。中期型ってなんか印象が薄い。
自分の作例は圧倒的に後期型が多い。やっぱりヴィットマンのイメージが強いのか。

あまり意味は無いツーショット。
タイガー2はおかしな兵器だ。
タイガー1型で弱点が露出したのに、その弱点をさらに悪化させてしまっている。
新しい物は旧型の弱点を克服するはずなのに。
こんな物を作ってしまったドイツ軍は本当におバカだと思う。作らせたのはヒトラーだったんだが。

2018.09.21

履帯の歪みィ!?

気付いたら9月終わりそうってw
なんでか2回も塗装やり直してしまいました・・・
1回目は迷彩が気に食わなくて塗り直し、次はウォッシングしたら真っ黒になってまた塗り直し。
たまにこう言う事が起きるんだよね。
しかも台風&大雨で何回も中断ww

505のキングタイガーは95%完成。
ロシアなのでレッドブラウンとの2色迷彩にしました。
今回は下地にシリコンバリアを仕込んでチッピング。
ツィメリットコーティングは汚しが難しいですね。

こちらは塗り直した方。
迷彩がどんどん雑になって行くww
2両一辺に作るって大変だよねと当たり前の事に気が付いた。

色が明る過ぎたので油彩で全体にウォッシングしたら良い感じに馴染みました~。
ウォッシングすごぉい。

 

さて、題目の件ですが起動輪周りの履帯に歪みが出てしまいました。
ご覧のように中央部分が窪んでしまっています。
塗り直す時一度溶剤で洗い流したんですがこれがいけなかったのかなぁ。
軟質樹脂って溶剤吸うと湾曲する性質があるんですかね。
ガッチリ接着されてるのでもうこのままでいきます。
せっかくフェンダー外したのにがっくし。

2018.08.19

お粗末・・・

なんてこった・・・
履帯交換ワイヤー(W2のパーツ)、なんとプラパーツが入ってません。
エッチングとメタルワイヤーで工作せよとありますが、このメタルワイヤーが太い・硬いで使えない。

仕方なく基部のみとしました。

このキット他にも、プラパーツがなくエッチングで強制工作な部分があります。
こことか、
こことか。
MAがエッチングです。
ペリスコープガードがエッチングなのはホントに意味がわかりません。

しょうがないので、ジャンクから流用してやりましたよ。

新キットなのに旧金型パーツを使うよう指示されていたり、もうメチャクチャです。
これが在庫管理を怠って来たメーカーの末路と言う事でしょう。

 

フェンダーはリュータで薄く削り、歪ませるお約束の工作。

ゲペックカステンと言うらしい工具箱です。ここもリュータで裏側から削ってボコボコにしてみました。
エッチングを使わなくてもいろんな事が出来るなぁと改めて実感。

砲塔、車体前は予備履帯を継ぎ足して増加装甲モリモリな感じに。

並んでのショット。
コーティングは一部はがしたり、被弾痕等も入れてみました。

涼しくなってきたので、そろそろ再開しないといけませんね。。。

Next »