2018.06.02

AFVクラブ Sd.Kfz. 251/20 Ausf. D “UHU” 完成編







疲れましたが何とか完成出来ました。
Sd.Kfz. 251に暗視装置を搭載した車両です。
すさまじい魔改造感がたまらないです。
意地でもハノマークをベースにするのがドイツ軍らしい。

パーツが細かいくせ精度がダメダメと言ういかにも中華なキット(正確には台湾製ですがw)
パネルラインすらきっちり合わないってほんとに酷いなw
パーツ分割もおかしくてなんでそんな所を分割すんねんという所多数。

終戦までにたった60両程度しか完成しなかったらしく、どの程度活躍したか記録はあまり残っていないようです。
定員は4名、ライトのある部分は本来後部座席ですが撤去されています。
ただの支援車両なので対空機銃もはずされており武装はいっさいありません。
戦闘室側面には足場のような物が付いています。

履帯はホビーボスの安い連結式履帯に変えました。
ライトコードなど適当にでっち上げています。
塗装は末期の3色迷彩、汚しはいつも通りあっさり仕上げです。

 




サーチライトのディテール。
凄い精密ですがAFVクラブはどうやって考証したんでしょうね。
図面でも残ってたんでしょうか?

上側についているのは大きなレンズは照射灯で、その下にある小さいレンズが可視化するスコープです。
スコープはペリスコープの前の方にも付いています。
当時はライトを照射して跳ね返って来た光を可視化する方式だったのでこのような巨大な照射装置が必要だったそうです。

透明パーツはクリア塗料で着色したのですがほぼ真っ黒ですねw
ちなみにこのレンズは可視光線をカットするためのレンズだそうです。赤外線自体は人間には見えませんが多少可視光線も混じるためここでカットしておくんですね。
だから本物もここは真っ黒に見えるんです。

AFVクラブと言うメーカは初めてでしたが、ハノマークだしさっくり出来るかななんて期待した僕が馬鹿だった・・・
細かいパーツも多くて、製作時間を食われすぎw
出来上がると結構カッコイイんですが。
パーツ多いキットは当分ご遠慮ですね。

2018.05.28

Sd.Kfz. 251 ウーフー 迷彩塗装編

暑いですね~。昨日は28℃もあったんですね。
早くも扇風機全開です。

 

ウーフーの迷彩塗装編。

いつもながらパターンを考えるのが苦手なので箱絵の塗装を丸パクリw
大戦後期の雲形の迷彩ですね。
これが意外と簡単なようで難しい。

エアブラシーのフリーハンドで塗るんですが、輪郭のくっきりした迷彩はまず一発では決まりません。
修正ありきで塗って行く方が良いです。

塗る順番としては

  1. ダークイエローを塗る
  2. 迷彩色を塗る
  3. ダークイエローの部分を塗り直す
  4. 再度迷彩色で輪郭をくっきりさせる

明るい色の上に、暗い色を重ねると境界がぼやけます。また明るい色の部分も一段暗く沈んで見えてきます。
だから塗り重ねて修正しないとくっきりした迷彩にならないんです。

 

基本色はおなじみ仲田式ダークイエロー。
レドームの代わりにフラットホワイトを混ぜてみましたがたいして変わりませんねw

迷彩色はラッカーで塗るかアクリルで塗るかその時の気分次第ですが、今回はアクリルを使ってみました。

調色は、
グリーン→オリーブグリーン+NATOグリーン
ブラウン→レッドブラン+フラットブラウン



いきなり濃くは塗りません。この辺に色があるな~って感じで薄くいれます。その方が後で修正もしやすいです。

 


ダークイエローの部分を再度塗り直して明度を復活させています。
暗い色の上に明るい色を塗ると今度は境界が白ぽっくぼやけてくるんですね。
これを、めんどくさいですがもう一度迷彩色で輪郭をなぞってやると、綺麗なくっきりした迷彩になります。

 





塗り終わりましたー。
迷彩色はちょっと明るくし過ぎたかな。
本物はこんな綺麗に塗られてないのかもしれませんが、ややわざとらしい位丁寧に塗ってやることで、1/35の迷彩塗装に見えてきます。
調色したダークイエローの発色も十分です。

一番下は赤外線装置の部分、こんな所にも迷彩が入っています。さすが律儀なドイツ軍だ。

2018.05.24

マニアックなアイテムにはトゲがあるw



何とかここまで来ました、ウーフーの製作です。
精密なのは良いんだけど、パーツと言うパーツが全然合わないw
細かいパーツだけでなく、単純な形状のハッチとかも全然寸法が合ってない。
酷過ぎです。
模型作ってて初めて暴言でたわw
史上ワーストキットに認定させていただきます(祝)

 



赤外線装置のアップ。
これだけだとなんかSFメカっぽく見えますね。

まだ仮組の状態です。
とりあえず先にダークイエローだけ塗りました。

レンズはクリアパーツだったので、裏側にクリアパープルのような色で塗ってみましたが、写真だと真っ黒に見えますね。
内側にはエッチングでスリットが再現されてるのですが何一つ見えなくなりました。
まあ実物もここは真っ黒に見えますからこれで正解でしょう。

周りに付いている蝶ねじのパーツはゴマ粒くらいの大きさしかありません。

しかもスペアはゼロ!!

あのね、AFVクラブさん、こう言う極小パーツはスペアを5つほど入れておくのが常識なんだよ。
どんだけアホなんだこのメーカはww

下側の小さいレンズもクリアパーツなんですが、なんとダークイエローの部分と一体成型になってしまっており、わざわざ塗り分けないといけないのです。
何のためのクリアパーツなんだ( ̄Д ̄ )

こんなに酷いとは思わなかった・・・

AFVクラブってこんなメーカーなんですかね。
まあ2度と作らないから良いでしょうw

Next »