• グラデーション塗装やりましょう

    カール、塗装編です。
    全部パーツを付ける前に、塗りにくい所に先に黒を入れておきました。

    そういや、ラッカーのつや消しホワイトが切れたので淀で注文しようと思ったのですが、
    なんと販売休止中


    こんな事ってありますか!?
    つや消しホワイト販売休止って接着剤が販売休止と同義語なんですけどw
    幸いガイアのつや消し白があったので代わりに買いました。


    サイドステップと手すりを接着。

    いつも迷走するジャーマングレーですが
    最近思うのですが、35のジャーマングレーって軍艦色みたいな色で丁度良いんじゃねとw
    で今回37番RLM75グレーバイオレットをベースに使ってみましたよ。
    この色は独空軍機上面色に使う色でかなり明るいグレーなのですが、スケール的に良い色なんで持ってきました。

    まずホワイトを10%程度混ぜてベース色にします。


    グラデーションを掛けるので、この時点ではやや暗めにしておきます。

    さらにホワイトを足して、グラデーションを付けて行きます。


    今回は、ハイライトと言うよりも各パネルごとにグラデーションを付けて行くイメージで塗っています。
    垂直面は上から下、平面は前から後ろ方向に入れるのですが、大きな平面部分はどう処理して良いのか悩みますね。


    単純な前横方向だけでなく、あえて斜め方向に入れてみたりとかムラっぽさを出してみるのも良いのかもしれません。


    ボルトや突起物のディテールもドライブラシ感覚で明るくしてみました。


    調子に乗ってやりすぎないよう、でも付ける時は大胆に。
    塩梅が難しいですな~。


    最終的にこのようになりました。グレーはちょっと明るすぎたかもしれません。
    図体でかいのでかなりわざとらしい位にグラデかけてみましたが、どうでしょう?


    広告



  • カール再開しますたw

    久しぶりの模型製作記事です。
    他にも欲しいアイテムは沢山あるのですが、治療費がかさんでしまいそうなんで・・・積みの消化に勤しむことにしました。
    いい加減作ってあげないとな...と言う事で、カールを再開します。

    本日は履帯の組立てです。
    それにしてもこの履帯、どうやって組むのやら(;´Д`)


    とりあえず説明書の絵から、枚数を推測。
    長いピースの奴は4セット連結で、恐らく上下に使うのでしょう。
    しかも困った事にね、このキット誘導輪が動かせないんだわ。。。


    推測した枚数+1枚で巻いてみましたが、
    やはり0.5枚分ほど隙間が出てしまいました。

    仕方が無いので、誘導輪の軸を切り飛ばして、誘導輪は履帯側に直接接着することにしました。

    悪戦苦闘すること数十分、何とかなったようです^^
    連結履帯ならではの力技ですネ。



    転輪11個は壮観です!


    現状ここまで来ました。実は去年の時点でほとんど組立は終わっていたのです(笑)
    間もなく塗装に入れそうです。


    広告



  • Dragon 10.5cm K.Pz.Sfl.IVa “DICKER MAX”

    とっくに完成していたディッカーマックスです。
    製作記はとても書く気になれませんでした。
    エッチング強制選択、異常なパーツ分割など、旧ドラゴンの恐ろしさを知ったキットでした。
    特に自走砲の命と言える戦闘室の嵌合がいまひとつで苦労させられました。

    実車は2両の試作車のみ製作されたレアな車両ですが、作例は前面に41の文字が書かれた車輌を選んでみました。
    塗装はクレオス513番ベースにホワイトを相当量混ぜ、グラデーションを効かせてみましたが、内部との明度差が出てしまいました...
    ウェザリングはいつものようにピグメントを塗り、さらにウェザリングペーストでスプラッシュ(泥はね表現)をやってみましたが、やりすぎてしまいました。
    ...もう2度と作りたくない類のキットです(笑)


    広告