AFVモデラーの巣

2020.07.11

普通の梅雨じゃない

今週はずっと雨でした。
梅雨と言えばしとしと雨が降るイメージでしたが、今年は台風の様な大雨が続いています。
ちょっとおかしいですね。普通の梅雨じゃないです。

作業が停滞するなか、強引に塗装を進めました。イタレリのオペルブリッツです。

ボディ色はダークイエローで。
キャビンは窓のマスキングが面倒だったので、パネルごとにバラで塗装しています。


荷台は内側だけ先に塗ってウォッシングを済ませておきました。



窓ガラスを接着します。
今回クリアパーツの接着にセメダイン「スーパーX2 クリア」を使ってみました。
Gボンドと同じような性質なのですが、Gボンドより糸を引きにくいのが魅力。固着力もなかなか強いです。
ただ粘度が高いので付ける量をほんのちょっとにしないとはみ出てしまいます。でも量が少ないと固着力が弱くなるというジレンマ。
結局流し込みセメントで補強しておきました。


キャビンを接着剤がはみ出さないよう慎重に箱組・・・のはずが、なんとここでステアリングの入れ忘れと言う痛恨のミス!
デザインナイフで帝王切開しています(汗)


各ブロックごとに塗装が終わった段階。簡易的ながらエンジンも再現されてます。
明るくしたい部分はホワイトを混ぜてまだらに吹きました。
ダブルアクションのブラシで細かい所を塗ってると指が痛くなって来ますね。トリガータイプ欲しいっす。


タイヤはレジンに替えて良かった。トレッド面のモールドが良いですねぇ…。


合体しました。ここでウェザリングに備えてクリアーを吹いてなかった事に気づき、急きょ塗装する事に。結局窓ガラスはマスキングですわ…。
この後ウェザリングをして次回完成といたします。


広告

2020.07.10

欲しかったあのキット

天候不順なのでどんどんお手付きをしています。
ソフトスキン第3弾はライフィールドモデルから、「ドイツ軍 スタッフカー タイプ82E 」。

どこも在庫切れで、ホビーショップ サニーさんと言う所から取り寄せました。

これはあの有名な「ビートル」の元祖なわけですが・・・、その愛称で呼ばれたのは戦後になってからだそうですね。
「国民へ乗用車を普及させる」という目的で、ヒトラーがポルシェ博士に設計を依頼した、と言うのがこの車の始まりです。

タイプ82とは「キューベルワーゲン」の事。
つまりこのタイプ82Eはキューベルワーゲンのシャーシにビートルのボディを被せた車輌、と言う事になります。
他にノーマルのタイプ60、4輪駆動のタイプ87があるそうです。

なぜタミヤと同じタイプ82Eを出したのか、やっぱり対抗意識なんでしょうかね。

ライフィールドは去年のタイガーでトラウマになってますが(笑)、このキットはどうでしょう?


やはり最新キットだけあって、パーツはとてもシャープです。


タイヤはノーマルタイプと砂漠用のバルーンタイヤの2種から選択式。


ただ、この会社の製品はバリが非常に目立ちます。
最新キットとは思えないほど多いです。


ナンバープレートはエッチングパーツで再現。


驚いたのはクリアパーツで、ものすごい透明度で抜けてます。
接着面もちゃんとのりしろが取ってあってGOOD。
ただ、タミヤのようにマスキングテープは付いてません。


ノーマルタイヤは軟質樹脂製。これプラを溶かすやつかな~。


粗めの紙やすりでゴシゴシしてパーティングラインを消そうとしてみたのですが、上手く消えませんでした。
どうして海外メーカーはゴムタイヤをセットするのでしょうね。デメリットしかない様に感じるんですが。


プラスチックが硬くて脆い材質なのか、シフトレバーは2本とも整形時に折ってしまいました。


仮組をしてみたのですが、なんとドアがきっちり収まりません!
ちょっとこれは面食らってしまいました。


外周を少し削って、さらにのりしろ部分(青矢印)もかなり削り込む必要がありました。
やはりこの会社の組立精度はどこかおかしいようです。


インテリアを進めていますが、説明図に塗装指示が一切無いのは困りものです。
タミヤのキットや実車画像等を参考に進めて行こうと思います。


広告

2020.07.05

製作記書くのって意外と難しいよね

ブログも気づいたら5年目に突入してました。

最近思うのは、製作記を書くって意外と難しいよねって事。
模型もさる事ながら製作記を書ける人って尊敬します。
自分は面白い文章を書くセンスとか、何もないもんで・・・。

正直製作記も書く必要ないのかなぁと最近思い始めてます。
完成した物を見せて行くだけでも良いのかなとか思ったりするんですが、それじゃ何のためにブログやってるかわからんのでちゃんと書くようにはしています。

ブログって凄い事とか役立つ情報を書かないと読んでもらえないんじゃないかと思ってた時期もありましたが、
いろんな方のブログを見て普通の製作記を書けばそれで良いんだなと思うようになりました。

個人ブログなんて所詮日記だと思っています。

今時情報なんていくらでもあります。ブログににも、youtubeにも、模型雑誌にも。
そんな中で自分は何が出来るだろうか?と考えた時、もうとにかく作品を積み重ねて行くしかないなと思ったんです。

あと、ブログの良い所は、時系列で起きた事を報告出来る事。
模型を作ってるとその都度気づいた事とかハプニングとかいろいろ起きるわけですが、そういうのを随時伝えて行けるのは面白いなと。

私の夢は、このブログを沢山の作品で一杯にすることです。
どこまでやれるかわかりませんが、生きているうちは続けようと思っていますよ。


広告

Next »